コストコオンラインショップについて

コストコとは

高品質な商品を可能な限り安く提供する会員制倉庫型のお店です。
コストコの商品を会員価格で購入するためには会員になる必要があります。

 

写真のようにサイズや容量も大きい商品が
このように並べられており
テンションがあがる雰囲気のある倉庫になっています。

 

 

コストコの会員になるには

ゴールドスターメンバー 4400円(税抜) 個人用
ビジネスメンバー 3850円(税抜) 法人、事業主用
エグゼクティブメンバー 9000円(税抜) 誰でも

会員になるためには、上記の金額の年会費を支払わないといけません。
実際、コストコのネックになるのはこの年会費です。

個人用で会員になるとしたら、年会費は4400円税抜きです。
コストコに行く=コストコの雰囲気を楽しみたい
って人にはかなり高いような気がします。

年会費を払わずにコストコに行く方法

会員と同伴

会員の知り合いがいれば、その人の同伴としてコストコに無料でいくことができます。
会員1人につき大人2人まで同伴としてコストコに入ることができます。

プリペイドカードを提示

コストコ内で5000円入金されたプリペイドカードが購入できます。
そちらのプリペイドカードを受付にもっていき、1回特別ご招待券をもらうことで入店することができます。
ただし、注意しなければいけないことは
非会員であるので、店内の表示価格にプラス5%の金額になります。

会員になる

入会後、1年以内の退会であれば入会金は全額戻ってきますので、とりあえず入会してコストコに入店する方法もあります。
しかし、退会後は1年間は再入会はできないみたいです。

1回でいいからコストコに行ってみたいと思うかたは、
やはり会員の方に連れて行ってもらうの早くて、めんどうではないと思います。

コストコオンラインって実際どうなのか

店舗価格とオンライン価格は
オンライン価格の方が10%〜40%高いです。

これは送料と人件費の分と考えています。

同商品で価格比較

【カークランドシグネチャー ペーパータオル 12ロール】


店舗価格は2,498円、オンライン価格は3,268円
と価格差は770円となっています。

ロクサーヌ スプリングウォーター 500ml x 35本


店舗価格は798円、オンライン価格は1,958円
と価格差は1,160円となっています。

オンライン価格について

オンライン価格は上記でも説明した通り、店舗価格の10%から40%増しになっています。
人件費、送料がかかっているのでほぼといっていいほど、店舗価格より高いです。

コストコオンラインのデメリット

店舗で買うよりか高め
取り扱いしてる商品が少ない
最低販売単位が決まっている
決済はマスターカードのみになっている
コストコの会員になる必要がある

などがあげられます。

まとめ

わざわざコストコに行かなくてもコストコ商品を購入できるオンラインストアでありますが
いくつかのデメリットがあって、まだ魅力的には個人的には感じません。
しかし、高齢化社会における買い物難民などの問題観点からしても
急速に使いやすい、使えるオンラインショップが求められるようになってくると思います。

現在、コストコの商品の配送は佐川急便が請け負ってますが、これからもしかすると
コストコ自社で配送も行って行く可能性もあるかもしれません。
コストコのラストワンマイルも期待しておきましょう。