amazon利用するなら知るべきこと

amazonショッピングで知っておいた方がいいこと3つ

出品者と発送者を調べて購入しよう

商品の販売、発送に関しては

①amazon.co.jpが販売し、発送する
②出品者が販売し、発送する
③出品者が販売し、amazon.co.jpが発送する

この三つのパターンがある

そう、amazonで買う人もいれば,amazonを利用してビジネスしてる人もいる
amazonで商品を出品して、販売している事業者のことをセントラルセラーという

商品を誰が売って、誰が発送しているのかは商品ページで確認できる
①amazon.co.jpが販売し、発送する
の場合こちらの画像

②出品者が販売し、発送する
の場合はこちらの画像

③出品者が販売し、amazon.co.jpが発送する
の場合はこちらの画像

 

①はamazonが仕入したものをamazonのスタッフが梱包し、発送する

②は出品者が仕入したものを出品者が梱包して、そのまま発送する

③は出品者が仕入したものを出品者が梱包して、amazonが発送する

よって梱包に関しては②と③はかなり出品者によって異なるということになる
出品者の評価などで梱包に関しての低評価が多い出品者からの購入はあまりおすすめしません。

もちらん、丁寧でスムーズに取引してもらえるセラーの方がほとんどですが
一時期、個人情報搾取のためにiPadなどを1円で出品して
情報だけぬいて、発送しないということが何年か前に多発した。

そういうことが、amazonで発生してしまっている以上
購入者も被害に合わないための対策が必要だと思う!

商品の価格の推移を調べてから購入しよう

価格の推移を調べることによって
購入しようとしている商品が実は定価以上のものである可能性や
安いセールの日を狙えたり、安い価格のタイミングで購入できたりできる

では、どうやって価格の推移を調べるかというと
googleの拡張機能KEEPA
を使うとある程度のデータを抽出できる

例えば
販売開始当初、需要と供給の関係が崩れ
定価以上で販売されていた任天堂のスイッチ
をみてみよう

keepを拡張機能にいれると
こちらの商品ページの下方にこういったグラフがでてくる

まず、右の項目を少し説明
amazonーセラーではなく、amazonが販売してるときの価格の推移
newー新品のカート価格の推移(カート価格とは商品のページに飛んだ時に最初に出てくる価格のこと)
usedー中古品の最低価格の推移
list priceー参考価格、定価の推移

ここで重要なところを赤丸で囲んでみた
このグラフは1週間のスイッチの価格の推移であり
グラフを見てわかる通り、カート価格がかなり高騰している
これがなぜおきているかというと
左の丸に注目!!

このオレンジの間は
amazonが在庫を持っており、定価で販売していた期間になる
しかし、すぐ在庫がなくなりオレンジの期間が終わっている

これが
需要>供給
で需要と供給の関係が崩れて、在庫を持っているセントラルセラーが
価格を調整してカート価格を取得していることになる

右の丸の価格でみなさん知らず知らずに
商品を購入していないだろうか?つまり、定価以上で!

amazonだから安い!
amaoznだから安心!

てのは、違うってことはないけど
そういう場合でないこともあるということ

keepaをいれるだけで
一瞬で商品の情報を取得してくれるので
入れてみることをおすすめ!!

 

外部ショッピングサイトと一瞬で比較して、安く購入しよう

amazonは安い、でも、ショッピングサイトはたくさんあるし
そのサイトに各々飛んで
商品名を入れてどこが安いか調べて買うってのは
なかなか億劫、、、

そんなときに
これまた
googleの拡張期のデルタトレーサー
が便利!!

これでわかることはたくさんあるんだけど
購入者が見てほしいのは
amazonでみてるその商品が外部のサイトでいくらなのかが一瞬でわかることところ!

拡張機能を入れて、何か商品を検索する
例えばこの商品

このページを下に少しスクロールしてみると

が、数秒待てばでてくる
この一瞬で、amazonで買うよりこちらの楽天の店舗で
買ったほうがお得な場合もある
※だた、楽天とamazonは商品のページの作りが異なるため送料を入れるとやはりamazonのほうが安い場合もあるのでしっかりと送料も楽天のページでみてほしい

amazonを装い、メールを送りつけるフィッシング詐欺に注意

amazonからのメール

 

 

これらは詐欺のメールのほんの一部。
犯人たちはここから
amazonのアカウントパスワードやクレジットカードの情報を入手しようとする

smsでもくるみたいなので気をつけて!

また、別方法の詐欺もある。
それはセントラルセラーからのお客様の情報を抜き取るという手口

数年前に
ipad、スイッチ(ゲーム機本体)などを新品で出品して
価格も1円などにして必ずカートがとれるようにしてた

実際発送されることはなく、セラーの事情で発送できないで
取引終了となっていた

これで取られるの1円だから価格に惹かれて購入したお客様の個人情報である

実は、これに関しては
本当の狙いはこっちかな。

他出品者の出品してる同商品が安く買われていくこと

どういうことかというと
Aという商品があるとすると
amazonは楽天と違って
Aという商品ページは一つしかなく
このページに出品者は相乗りしなくてはならない。

例えば、この商品!
新品と中古出品者は22人いて
カートをとってる出品者は赤丸で囲んでるセラーである

お客様がこの商品を購入するとなると
どう考えてもこのセラーから買うことになる

他出品者もカートを取りたいがために
自動ツールなどで最低価格にするように
設定しているセラーもいる

1円で最低価格になっていたら
他出品者の最低価格より安くなるようツールで設定してしまっていたら
自動的に自分の出品している商品も1円になってしまう

そして、犯人はこの1円もしくは自動ツールのせいで安くなった商品を購入して
再度どこかの販路で売ってお金にしていた
という流れだった
(今ではamazonからの厳し規制で悪質なセラーも少なくなって来ている)

 

正規なamazonからのメールと詐欺メールを見分ける方法

すごく悪質の場合、amazonがHPで出している正規のドメインも悪用されて
同じドメインでくる場合もあるのでドメインなどで見分けるのはやめたほうがいい

やはり、確実なのは自分のamazonアカウントからamazonが送ったメールを確認すること
方法は自分のamazonのページからアカウント&リストからアカウントサービスを選択

そして、次は

赤丸のメッセージセンターを選択して、amazonからきたメールを確認できる

まとめ

トラブルを避けるために、なるべく購入するセラーの評価や出品している商品などをみてみる
そうすることで、悪質なセラーから購入して個人情報を取られる可能性も低くなる。

そして、うまく買い物するためにグーグルの拡張ツールを使用して
価格が高騰している時にわざわざ買うことなく
1円でも安く買い物しよう!